お屠蘇とお節の作法集

もう午に近くなった極楽日記

『アンパンマン2 the Movie』幻の爆撃

「ばぶ!仮にも現役のあかちゃんまんを乗せてるんでちゅよ!」
「奴の動きの方が速かったでござんす。爆装したどんぶりまんトリオが3機、どんぶりはうすを発進して南下中でさあ。約20分後に、村の上空に到達するでござんす」

「SIF照合。当該機、北部航空方面隊3空8飛行隊所属、どんぶりまん3機。コールサインてんてんどんどん。応答ありません」
「エリアホテルツーキロワン、ヘディングワンナインゼロ、高度32000、速度720ノット、なお南下中」
「どんぶりはうすはどうかな、つながったかい」
「北部SOCをはじめ、各飛行隊とも応答ありません」
「ダイレクトラインで基地の司令を呼び出しておくれ。出るまで続けるんだよ」
「まさか、どんぶりまんトリオが」
「バカだなあバタコさんは。そんなことがある訳ないだろう」
「要撃機、上がりました。百里にいまるよんよりしょくぱんまん、小松さんまるさんよりカレーパンマン。会敵予想時刻しょくぱんまんネクストゼロフォー、カレーパンマンネクストワンゼロ」
ジャムおじさんパン工場、ディスイズしょくぱんまんゼロスリー、ナウメインテインネンジェルスリートゥー」
しょくぱんまんゼロスリー、ディスイズジャムおじさんパン工場。ユーアーアンダーマイコントロール。ステイアゼロフォーゼロ、メインテンサーティンネンジェル
ラジャー」
「どんぶりまん、なお南下中。応答ありません」
「追尾、SSさんななよりSSにいななへハンドオーバー。どんぶりまん会敵予想時刻修正、ネクストゼロファイブ」
しょくぱんまんゼロスリー、ターゲットポジションゼロスリーゼロ、レインジナイナーゼロ、アルティチュードスリートゥー」
ジャムおじさん、会敵してなお応答のない場合は」
「北空SOC、つながりました」
「こちら中空SOC、どういうことなんだい?南下しているどんぶりまんトリオを、すぐに引き返させておくれ。えぇ?上がっていない?」
「どんぶりはうすは発進を確認していません。8飛行隊に保有機の所在を確認中ですが、回線が不通。ダイレクトラインも輻輳を起こしています」
「北空の飛行隊を、全部確認しておくれ。最優先だからね」
「了解」
ジャムおじさん
「SIFコードは確実に変更されているし、外部の偽装は不可能だしなあ。システムエラー?」
「自己診断プログラムが常時走ってるんです。エラーのまま進行することはありえません」
しょくぱんまん、コンタクトはまだかい」
「ターゲットデッドアヘッドトゥーファイブ。しょくぱんまんゼロスリー、ハウバウトコンタクト?」
「ネガティブコンタクト。リクエストターゲットアルティテュード」
「目標は、あとどれ位で村に入るかな?」
「約十分後ですわ」
「村の第一高射群に発令。ただちに迎撃態勢に入ってね。それと……アンパンマンに、緊急連絡しておくれ」
ジャムおじさんパン工場しょくぱんまんゼロスリー。ネガティブコンタクト。ボーグィドー」
「ターゲットデッドアヘッドワンファイブ、ヘディングワンナイナーゼロ、アルチチュードスリートゥー、ナウクワンポイントトゥー。リデューススピード」
「ノージョイ。ネガティブコンタクト」
「アイセイアゲイン、ノージョイ。リクエストターゲットポジション」
「危ないわ。一度退避させて、再度」
「時間がないんだよ。奴が進路を変えれば、カレーパンマンのアプローチは手遅れになるかもしれないからね」
「コーション。オーモストセイムポジション。セイムアルティテュード。プリーズコーション」
しょくぱんまん!」
ベイルアウト……撃墜されたのかしら?」
「まさか」
「目標、変針します。方位にいいちまる、降下しつつ増速中
カレーパンマン接近、距離20マイル」

「なんだこれは?」
「どうなんだ?」
「こっちにくるぞ」
パン工場のバタコさんから連絡のあった奴か。無茶しやがる」
「まさか、ばいきんまんの続きじゃ」
「冗談じゃねえ」
「アプローチに入った便を除いて、着陸待ちは全て上空待機だ。高度に注意しろ」
「国際線はとなり村にまわせ。急げ!」
「ただいま上空の天候が不安定なため、全ての到着便ならびに出発便の変更を行っております。いましばらくお待ち下さい」

「谷を通過、村へ向かっています。60秒後に到達」
カレーパンマン、レーダーコンタクト。どんぶりまんを捕捉しました」
「武器を使ってもいいんだよ」
「でも…」
「人口密集地に入る前に落としておくれ」
カレーパンマントゥーワン、ディスイズジャムおじさんパン工場。クリアファイア。キルどんぶりまん」
ジャムおじさんパン工場。セイアゲイン」
「アイセイアゲン。キルどんぶりまん」
「ラジャー。キルどんぶりまん」
「……ゼロスリー…………ディスイズしょくぱんまんゼロスリー。リクエストオーダー」
カレーパンマンツーワン、待って!」
しょくぱんまんしょくぱんまんゼロスリー、ディスイズジャムおじさんパン工場。アーユーノーマル?」
ジャムおじさんパン工場、ディスイズしょくぱんまん。ウィハブヘビージャミン、アンドナウロストポジション。リクエストファーザインファクション。アイセイアゲイン、リクエストオーダー」
しょくぱんまんゼロスリー、確認しました」
「周辺空域にストレンジャーなし」
カレーパンマン、攻撃を中止して下さい」
「攻撃中止」
「どんぶりまんが、消えたんだね」
「FIが指示を求めています」
「警報解除。カレーパンマン帰投して。しょくぱんまんも帰ってきて」
「……ディスイズしょくぱんまんゼロスリー。リクエストオーダー。ディスイズしょくぱんまんゼロスリー。リクエストオーダー……」

『アンパンマン2 the Movie』プロローグ

カレーパンマン「2番と4番、それに5番脚が損傷。走行不能です」
アンパンマン「残りの脚で車体を戻せるか」
カレーパンマン「やってみます」
アンパンマンアンパンマン号より各車。後方に地雷原。その場で停車せよ」
しょくぱんまんしょくぱんまん号よりアンパンマン号。前方に目標多数、接近中」
カレーパンマン「目標小隊規模、なお増加中」
しょくぱんまん「警戒、右方向に熱源反応」
カレーパンマン「方位まるよんまる、移動目標距離、ひとふたまるまる、移動目標多数。ばいきんまんUFO号らしき熱源反応。RPGの射程に入ります」
アンパンマンアンパンマン号よりパン工場。当該勢力の脅威、更に増大中。発砲の許可を要請する」
ジャムおじさん「交戦は許可できない。現在、メロンパンナ隊がそちらへ急行中。繰り返す。交戦は許可できない。全力で回避せよ」
アンパンマン「回避不能!パン工場聞こえるか!」
カレーパンマン「前方よりRPGらしき熱源!
イジェクト不能!」
しょくぱんまん「前方よりさらに熱源!なおも増加中!」
カレーパンマン「脱出できません!!」
しょくぱんまん「アンパンマーーーーン!!!」

働かせろ

『バイト したいな コメダ』なら

8110-417-5810

かな(『コメダ』 がちょっと無理あるけど)。

そこで念のため上記電話番号に℡してみたら

「おかけになった電話番号は現在使われておりません」

だった。


そこで

『バイト したいな 侍ジャパン

03-3661-288


『バイト したいな 大正琴協会』

3144-5510-951


『バイト したいな 瑞穂の國記念小學院

3242092-920-445591


『バイト したいな 国立感染症研究所

5962-57445-909524


『バイト したいな 警視庁公安部』

9014-745-5512


すべて℡するも、ことごとく

『現在使われておりません』

だった。


なんだよ。
働かせろよ。f:id:tosokawayushi:20170314124851j:plain

村上春樹『騎士団長殺し』あらすじ(ネタバレあり)

村上春樹『騎士団長殺し』あらすじ◆


スイス大農場一家の長男として生まれたヨハンセンは敬虔なクリスチャンであり聡明な少年だった。地元の学校と教会の推薦を受けスイス士官学校に進み、首席卒業後ローマ教皇庁衛兵隊に入隊する。その後神聖ローマ帝国皇太子フランツ・ヨーゼフ・カール・フォン・ハプスブルク2世(ヨーゼフ2世)の近衛師団である聖ロートリンゲン騎士団へ。ヨーゼフ皇子の教育係として穏やかな日々を過ごす。が、そのころヨーロッパ全土に3月革命の嵐が吹き荒れる。
フランクフルト銀行の若き女性頭取マリア・アナスタシア・ゼーゼマンの援助を受け反革命工作のためにベルリン暴動、スイス内戦を攪乱するヨハンセン。が、オーストリア・ハンガリー帝国内の権力闘争の隠謀に巻き込まれ騎士団長殺害事件の犯人に仕立てられ逃亡する。すべては帝国・教会・軍の罠だった「騎士団長殺し」の汚名を着せられスイス山中への逃避行。恋人エリスとの邂逅、長男トビアス誕生、エリスとの死別。身分を偽りアルムの山小屋で隠遁生活を送るヨハンセン親子。しかしヨハンセン抹殺の命を受けた執念深い追手の騎士団に包囲される。
籠城し銃と山羊刀で迎撃するヨハンセンとトビアス、2階の丸窓の銃眼からスペンサー銃で狙撃するトビアスの恋人アーデルハイド、その牙で喉笛に襲いかかる戦闘犬ヨーゼフ。白銀の雪に覆われたアルムの山小屋がおびただしい血で染まる銃撃戦。
壮絶な戦いの末騎士団を殲滅したまさにその時、アーデルハイドがトビアスとの子を産み落とす。神に祝福され同時に呪われた運命の子、「気品ある美しい顔立ちは母親似、黒い瞳と巻き毛は父と祖父似」の女の子。ヨハンセンが命名した孫の名は「民衆を導く暴虐の鎖断つ女神」から採った

『HEIDI』

この少女が後にベルリンでカール・リープクネヒトとローザ・ルクセンブルグと出逢いスパルクス団を結成、ドイツ革命の指導者となるのはまた別の話。